子供の目線に合わせた子供部屋作りのポイント

子供の目線に合わせることの大切さ

親としては、子供自身でしっかりと片づけができるようになってほしいものですよね。 子供が率先して片づけたくなるようなレイアウト、収納方法を考えてみましょう。 また、子供のおもちゃや絵本などを見せる収納でインテリアの一環として片づけるのも良いかと思います。

年齢や体格を考慮しよう!

子供の年齢に応じて部屋のディスプレイを見直すことが大切です。 大人にとっては容易にできることでも、背の低い子供にとっては不便なこともあります。 成長するにつれて、子供だって生活スタイルは変化するものです。 それに応じた部屋作りをしていきましょう!

将来の子供のために!

部屋のレイアウトは、子供自身が将来的にしっかり片づけできるように、または持ち物を管理できるようにすることを意識して考えるのが重要です。 子供部屋という限られた空間ではありますが、その用途に合わせてレイアウトを考えてスペースを分けると良いでしょう。

見せる収納で簡単に片づけ!

子供部屋に関する悩みと言えば、インテリアや見た目以上に、子供の「お片づけ」ではないでしょうか。
「子供部屋だけはすぐに散らかってしまう。」
「毎日片づけに関することで、ついつい子供を叱ってしまう。」
「うちの子は片づけが苦手なの?」
なんて日々悩まされているお父さん・お母さんが多いことでしょう。

そんな子供部屋に関する悩み、部屋のレイアウトを見直したり、ちょっとした工夫を加えることで簡単に解決してしまうかもしれませんよ!
子供自身が自分の部屋を管理し、持ち物を大切に扱うということは、子供の自立心を育むのにとても重要だそうです。
単に部屋をきれいにするということだけではないんですね。
いずれにせよ共通して言えることは、「子供目線」に合わせて子供部屋について考えることです。

子供部屋を自分で管理するようになる頃と言えば、ある程度自分の意思表示がしっかりできる年齢になっていることでしょう。
そうであれば、子供の意見も十分に取り入れて、子供目線を大切にした部屋作りを心がけたいものです。
そうすることで、子供の自立心に加えて自尊心も満たされます。
また、「自分で選択した」ということで「部屋をきれいにしよう」という考えにもつながりやすくなるそうですよ!
親の趣味や考え方によって子供部屋作りをしてしまいがちですが、例えば小学校入学など、進学の時期に合わせて部屋のレイアウトをお子さんと一緒に見直してみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る